雑誌のスキャン:VIC! Volume 11

友達から借りた雑誌です。コモドールジャパンは40代に初めて聞きましたので、いつも残念の歴史として思いました。でもこの雑誌が出版したころは明るい未来の感じでしたのでとても面白いと思います。このころは一日だけでも経験したかったです。

このファイルがパソコンやスマホで読むには多分大丈夫だと思いますがもっと高解像度のバージョンが希望の方は教えてください。

VIC! Volume 11

AndreaP様のユーザーコメントからVIC! Volume 5がarchive.orgのホームページに保存していることがわかりました。お知らせありがとうございます。
https://archive.org/details/VICVol5

テネブラ・マカバレ

この度、Tenebra Macabreというゲームを紹介します。

この世界は暗いです。周りは少ししか見えません。たまに雷が鳴ったら、一瞬部屋が光ります。そのうちに敵の位置や床の危険なところがばれます。十分気を付けて暗闇の中で進みましょう!

各部屋にろうそくも一本置いています。火をつけると環境が見えるようになります。


「Macabre」は「不気味」という意味です。 その通りに、このゲームの景色も音楽もダークなテーマです。楽しんで遊んでいます!

このゲームは無料だし、コモドール64だけではなくてVIC-20・Plus/4・C16・C116の版もあります。遊んでみてください。
C64 – https://majikeyric.itch.io/tenebra-macabre
Plus/4・ C16・C116 – http://www.pouet.net/prod.php?which=80399
VIC-20 – http://www.pouet.net/prod.php?which=80408

ドンキー コング

今回は2014年作られたDonkey Kongのコモドール64のポートを紹介します。ゲームプレイはアーケード版とぴったりですごくスムーズに動きます。グラフィックスはオリジナルです。

PALでもNTSCでも利用できるゲームです。NTSCは残念ながら上の部分が少し切れていますがあまり苦にならないことです。

レベルの画面は四つあります。最初はとても難しいと思いましたがジャンピングのタイミングになれましたらいいチャレンジになりました。

こんなに質がいいゲームはなんと無料になります。下記のリンクのページからダウンロードしてみてください。

https://csdb.dk/release/?id=151272

ソフト収集

ソフトよりハードウェアの方を集めていますが、ソフトの製作会社・ジャンル・タイトル等によって興味があるから少し集めました。

例えんば、アートワークが面白いからコモドール製作のカセットの説明書をこのほど収集しました。アートワークの無い説明書には興味がありませんので、GorfやDragonsdenは探していないんですが、まだAvengerやWizard of Worが必要です。それぐらいかな。まだ詳しく調べてない。

コモドール製作のカセットの箱を収集する予定がなかったが、偶然にたくさん手に入れましたからこれから集めるしかないという感じです。しょうがないね。説明書に対して、箱は全品がアートワークがありますからDragonsden等が欲しいです。

アーケードのクラシックスは少ない理由はAtari製作のコモドール64のゲームソフトの箱はあまり面白くはないのです。お洒落ですが、ほとんど緑色です。Parker Bros.の箱の形はしっかりしている。Marble Madnessはとても気に入ります。

Plus/4シリーズのカセットのゲームソフトは作られなかった。10タイトル以下だと思います。少ないし箱の状態はいつもめちゃくちゃなので今まではこのほどだけですが、アートワークが気に入る。

最後はRPG/ファンタシー系のゲームです。前に案内したBard’s Taleシリーズ以外はFeudとShogunがあります。これからKnight Gamesも購入つもりです。無理だかもしれませんが、いつか切れな箱を見つけれれば、Alternate Reality: The CityとThe Dungeonが欲しいです。

The Bard’s Tale Series

久しぶりゲームソフトを買いました。小さいころ初めてもらったソフトはBard’s Tale IIだった。Bard’s Tale IIIもすごく気に入りました。そのためBard’s Taleシリーズのオークションをリーズナブルな値段で見つけましたら買っちゃった。最近本物のフロッピーよりディスクイメージでゲームをやってますが、クラシックなRPGを遊ぶにはマニュアルが有れば便利だし、コードホイールを使うのは本当にその時代の環境を作ります。箱のアートもとても気に入ります。

Bard’s Taleの箱にはかなり大きいところにしわがたくさんありますが、遠くから見ると大体きれいです。

 

Bard’s Tale IIの箱にも潰されたところがありますが画像はきれいに見えます。

 

Bard’s Tale IIIはなかなかいい状態!

最後にヒントブックに札も含まれました。

今まだAlternate Reality: The Dungeonを遊んでいますが終わりましたらBard’s Tale Iから全部遊んでみるかな!