Alternate Reality Newsletters

Do you know this game? This is the second of a two-game series called Alternate Reality: The Dungeon. The first game was Alternate Reality: The City. This game was formative in my view of video games. It took me from a general gamer to an RPG-heavy gamer, in a way that not even The Bard’s Tale series could.

It was an ambitious project. The concept was that there would be seven games, and you could make a character that could go in and out of the seven games at will, with transfer points that were established in each scenario. Quests in one game would be solved in others, and some games were planned to sharpen certain skills more than others.

Even within each game, a tremendous amount of features and details were crammed into these 64K systems. The area is vast, it keeps track of all the basic stats and some hidden ones, as well. Your alignment is not just good, neutral, or evil, but a range of 0 to 255, with different things affected at different levels. Your hunger, thirst, weariness, and warmth are all monitored, with multiple levels of each condition, causing negative effects at the extremes. I could go on and on, I still manage to discover something new once in a while.

As usual, money got in the way. Only two games were released. Actually, those two games were supposed to be one, but the developers were pushed to release immediately, so the 8-bit versions of The City were left incomplete, making The Dungeon a far more polished game.

Anyway, any modern RPG I play gets measured by Alternate Reality. I often search for boxed copies on eBay, trying to find a good-condition boxed version of each game. Datasoft’s boxes have a habit of creasing and collapsing. I have a pretty decent City, but no Dungeon at all.

One day, my search led me to an unexpected find: these newsletters! I never even knew these existed. I have scanned them into PDF files for anyone who wants to read them.

Issue 1
Issue 2
Issue 3
Issue 4
Issue 5

まさかコモドール64でスーパーマリオブラザーズ?!

ZeroPaigeさんの7年間の努力で開発されたゲームソフトはこんなにすごい偽物のスーパーマリオブラザーズです。

ファミコンのスーパーマリオとほぼ同じものです。動くものがたくさんあるところで少しスピードが落ちますがコモドール128で遊ぶとましになります。少ないけどスーパーCPUご利用する方はスピードは落ちないらしいです。音楽はSID1つで大体ファミコンの音楽と同じになりますが、SID2つあれば音楽がぴったりと同じそうです。

ジョイスティックで少しコントロールしにくいですがまだ楽しく遊べると思います。

任天堂から許可がないため、訴追が来ないように殆どのダウンロードリンクがなくなりましたが、頑張って探せば見つけられると思います。

Pets Rescue

この度は264シリーズ(Plus/4・C16・C116)の新しいゲームを紹介します。264シリーズのゲームは、残念ながら、16KBメモリーのシステム向きなので、ゲームはそこまできれいに映らないし、音楽も簡単すぎます。

でもこのゲームはPlus/4又は拡大されて64KBのC16・C116が必要です。本当に264シリーズはこの程すごいゲーム出来たのは初めてだと思います。全121色は使っているかどうか分かりませんが、スムーズなアニメーションときれいな画像がたくさんあります。音楽も深さがあり本当にゲームシステムみたいになります。

このゲームはPets Rescueです。2019年の発売のゲームソフトです。画像に映るのは既に売り切れているコレクターバージョンになります。おまけのものいっぱいありますが、何もよりこの箱がすごいと思います。

他の機種より、264はあまり使いませんから、まずハードを用意しないといけません。

そうして起動してゲームを始めます!

色々な環境があり、それぞれの合わせた音楽もあります。最初は結構難しいと思ったが少し慣れたらもっとできるようになりました。ワールド1-3はタイミングがきついところがあってそのPlus/4専用のジョイスティックをやめて定番のEpyx500XJにしましたらより強くなりました。

このページの下にもっとスクリーンショットを添付しました。

3つのバージョンがあります。比較は下記です。

Digital Download – $2.99 USD(約350円) 購入リンク
(ディジタルダウンロードのみ。使うことにはWinVICEなどのPlus/4エミュレーター又はフロッピーディスクに40トラックのコピーできる環境。)

Budget Expanded – £6.99 UKP(約1000円) 購入リンク
(Pets Rescueの光沢のラベルが貼っているゲームディスク・特別なフロッピーディスクエンベロープ・カラー説明書・ディジタルダウンロード)

Premium+ Expanded – £13.99 UKP(約2000円) 購入リンク
(上記のBudget Expandedの商品に追加のPets Rescueのアートワークが飾っているプラスチック箱)

雑誌のスキャン:VIC! Volume 11

友達から借りた雑誌です。コモドールジャパンは40代に初めて聞きましたので、いつも残念の歴史として思いました。でもこの雑誌が出版したころは明るい未来の感じでしたのでとても面白いと思います。このころは一日だけでも経験したかったです。

このファイルがパソコンやスマホで読むには多分大丈夫だと思いますがもっと高解像度のバージョンが希望の方は教えてください。

VIC! Volume 11

AndreaP様のユーザーコメントからVIC! Volume 5がarchive.orgのホームページに保存していることがわかりました。お知らせありがとうございます。
https://archive.org/details/VICVol5

テネブラ・マカバレ

この度、Tenebra Macabreというゲームを紹介します。

この世界は暗いです。周りは少ししか見えません。たまに雷が鳴ったら、一瞬部屋が光ります。そのうちに敵の位置や床の危険なところがばれます。十分気を付けて暗闇の中で進みましょう!

各部屋にろうそくも一本置いています。火をつけると環境が見えるようになります。


「Macabre」は「不気味」という意味です。 その通りに、このゲームの景色も音楽もダークなテーマです。楽しんで遊んでいます!

このゲームは無料だし、コモドール64だけではなくてVIC-20・Plus/4・C16・C116の版もあります。遊んでみてください。
C64 – https://majikeyric.itch.io/tenebra-macabre
Plus/4・ C16・C116 – http://www.pouet.net/prod.php?which=80399
VIC-20 – http://www.pouet.net/prod.php?which=80408

コモドールのジョイスティック

VIC-20の頃、コモドールはこんなジョイスティックを販売しました。

間違えなく、これはAtari 2600のジョイスティックとそっくり。彩り以外、違うところがありません。話通り、VIC-20の本体と同じく茶色とベージュになり、自分の社名をつけて販売し始めました。

上の写真で少し見辛いと思いますがベースもケーブルも茶色です。

もちろん、アタリはコモドールを訴えました。アタリの方が正しいと裁判しましたのでコモドールはすぐに下の写真のオリジナルデザインのジョイスティックを作り直しました。

ドンキー コング

今回は2014年作られたDonkey Kongのコモドール64のポートを紹介します。ゲームプレイはアーケード版とぴったりですごくスムーズに動きます。グラフィックスはオリジナルです。

PALでもNTSCでも利用できるゲームです。NTSCは残念ながら上の部分が少し切れていますがあまり苦にならないことです。

レベルの画面は四つあります。最初はとても難しいと思いましたがジャンピングのタイミングになれましたらいいチャレンジになりました。

こんなに質がいいゲームはなんと無料になります。下記のリンクのページからダウンロードしてみてください。

https://csdb.dk/release/?id=151272

1084S

今回はラッキーでした。ヤフオクでコモドールの1084Sモニターを発見しました。動作未確認の状態だったので絶対高く入札しないものだと考えて落札できるわけじゃないと思いました。でも、動作未確認のためか、出品の説明には1084ではなく1984というミスがあったためか、年末年始のためか、わけわからないけど1000円ぐらいで落札できました。送料も安かったです。

清掃終了です(結構汚かったが、清掃前の写真を撮るのはいつも忘れてしまう)

届いたら動くかどうかかなり不安しました。動かなければ自分で何もできないし、高くはなかったがコモドールのものは絶対捨てちゃダメだからどうしようって感じ。出にじゅせきのように、直ぐ動きました!安心!

NTSCのみみたいですのでコモドール128に繋げるかなと考えていますが、また違うケーブルが必要です。ケーブルはモニターより高かったです!

コモドール128の交換

最近のeBayオークションでコモドール128をもう一台落札できました。出品の説明によって、未使用品です。それは本当かどうかよくわかりませんが、兎に角、かなり奇麗なシステムになります。

コモドール128は荷台が必要じゃないのですが、互換性が少ないのに、10代と同じくNTSCの画像が欲しくなりました。準備したら、前のPAL機をヤフオクで出品する予定です。NTSCにする理由は3つあります。

その一、細かいところが懐かしいです。例えば、Karatekaを起動するとき、その起動画面は10代のころと同じになります。PALのディスクで起動すると違う画像が移ります。

その二、NTSCは60Hzで映りますので、もっときれいな画像が出ます。写真でそういうこと映らないとおもいますし、2枚目の写真はNTSCでもPALでもないけど兎に角奇麗です!

その三、ゲームによって違うけど、多くのゲームはNTSCの方が大きく映ります。例えば、コモドール64の一番好きなゲームのAlternate Reality: The Dungeonのタイトル画面で下の写真を撮影しました。画面の上から下までほとんど使っています。

未使用品かどうかわかりませんが、キーボードはあまり触れてない感じです。スムーズにタイピング出来ます。少し汚れがありますから未使用品は嘘だったかもしれませんが、そういうことあまり気にしていません。

MCS 6500 インストラクション一覧

先月でしたがこの商品をなんと1円で落札できました。6502の命令表として使えるらしい。自分に役に立つとは言えないけどコレクションのための商品として考えると満足です。いつかマシン語を勉強し始めれば使ってみます!